葬儀の負担を限りなく軽く|業者利用で安心の葬儀を

人生を綺麗に完結させる

笑顔の老人

子供世代に解り易く残す

昔から遺言書というものは存在しましたが、どこか堅苦しくて弁護士や司法書士などに依頼して重々しく管理されるものというイメージがあります。しかし数年前から知られるようになった終活の一環として終活ノートを書くことで法的拘束力は無いものの自分の意思は子供世代に伝えることが可能となりました。自分に賭けられた生命保険の種類や金額、尊厳死の意思、財産分与の仕方まで様々な項目があり、しっかりした意思表示ができる内に記入しておけば安心して暮らせます。大手の葬儀屋などでは終活ノートの薦めと共に生前の葬儀予約まで行っているところもあり、終活ノートに関しては書き方セミナーまで開かれているところも存在します。それだけみなさんに関心が高いということでしょう。

じっくり考えて記入しよう

終活ノートは事務的な事を書く欄もたくさんありますが尊厳死に関することや、納骨や法事のことにまで言及している場合もあり、思いつきで書けるものとじっくり考える必要があるものがあります。また最近では自分だけで記入することをせずに、家族会議を開きながら埋めていくというオープンな家族も増えてきました。生前から自分の意思を家族に理解しておいてもらうのは、いざその時になって慌てないようにするためにも大切なことですよね。自分はまだまだ生きる自信があるという方でも、何度でも書き直せるものなので数年毎に気持ちを確認する意味も含めて終活ノートを記入しておいてはいかがでしょうか。財産分与などの法的拘束力を必要とするものは弁護士等で遺言書を作成されることを忘れないようにして下さいね。