葬儀の負担を限りなく軽く|業者利用で安心の葬儀を

墓の継承者がいない場合は

お墓

安らかに眠り続けられます

最近は、一生独身のままで過ごす人や子供を持たないという選択をする夫婦が増えてきました。人々の価値観が変化するにつれて、家族のあり方も多様化してきています。一昔前であれば、結婚して子供を持って初めて一人前の社会人として認められるような風潮がありましたが、今そのようなことを言っても時代遅れの古臭い考え方だと笑い飛ばされてしまうのがオチです。結婚してなくても子供を持たなくても、それが理由で非難されることはめっきり減りましたが、困ってしまうのはお墓の問題です。生前に将来自分が入るお墓を購入する人が多いですが、お墓を継承してくれる人が誰もいないと最終的には無縁墓になってしまいます。訪れる人が誰もおらず、荒れ果てていく一方のお墓では、安心して眠り続けることができません。京都では、そのような人を対象にして永代供養墓を販売する業者が増えてきています。永代供養墓を購入すれば、お墓の継承者がいなくても業者が永代にわたって供養をしてくれます。お墓が朽ち果ててしまう心配をする必要がなくなるため、京都では永代供養墓を購入する人が増加しています。

サービス内容

京都で永代供養墓の販売を行っている業者は複数存在していますが、同じように京都で営業していても、その具体的なサービス内容は業者によって異なっています。業者が倒産しない限り半永久的に特定のお墓を使用し続けられるシステムになっているところもあれば、納骨から20年なり30年なりが経過したところで永代供養塔に合祀されるシステムになっているところもあります。前者の永代供養墓を購入すれば、見知らぬ赤の他人の遺骨と一緒にされてしまう心配をする必要がなくなります。一方、後者の永代供養墓を選べば、初期費用を安くあげられるようになります。死後の魂のあり方についての考え方やお墓購入にあてられる費用の額は、人によってマチマチになっています。でも、幸いなことに様々な種類の永代供養墓が用意されていますから、各人が自分の気持ちや懐具合に一番合ったお墓を購入できるようになっています。